暮らしのクリップ

家事アドバイザー矢野きくの公式ブログ。しかし仕事のことはあまり書きません。家事とか時短術とか暮らしの便利グッズとかデジタル家事とかたまに紹介します。連載歴:日本経済新聞、PRESIDENT Online、HONDA、東芝、イオン、auほか

【Tile】探したい物が「ここにいるよ」と鳴ってくれる #探し物トラッカー #Tile モニターレポート

スポンサーリンク

探し物トラッカー Tile で探す時間の節約

ここ数年、見かけるようになってきた「探し物トラッカー」。探しもの発見器とでも言いましょうか、このトラッカーを付けているとスマホからトラッカーを鳴らして探したいものの場所を教えてくれるというものです。

先日「Tile」という商品の説明会に参加し、モニターとしていくつか頂戴しましたのでご紹介いたします。

f:id:dreamfighter11:20200201222541j:image

 

 

 そうだTileだ!

Tileの説明会は1月20日の夜に開催されたので、帰宅したのは午前0時でした。しかも翌日は4時起き始発で成田空港へ行くという友人との旅行があり、帰宅した日はモニターで頂いた荷物をポンとおいてそのまま就寝。

 

そして一昨日になりTileのレポートを書こうと思ったら、頂いてきたTileが全部無い!まるごと無い! 当日は「早く寝なくちゃ」という気持ちがあり、帰宅後どこに置いたかも思い出せない。家中のどこを探しても形跡すらない。

さんざん家の中を探しても無いとなると、会場の豚組しゃぶ庵からタクシーに乗ったのでタクシーに忘れてきたのかも…と不安になり、今度はタクシーの領収書を探す作業に…。

 

「失くした」と言えないし、説明会で撮った写真だけでレポートを書こうかとズルな気持ちが浮かんだり…。

 

「あっ」

私が今、探しているのは探し物トラッカーだということに気づいた1時間後。 

そういえば説明会の会場で1個だけスマホに設定していたので、スマホから鳴らしてみました。

一瞬で見つかりました。頂いてきた紙袋ごとベッドの脇に落ちて見えなくなっていました。 

お恥ずかしながらレポートを書く前にいきなり活躍してくれたTileです(汗)

 

カード型や丸型などいろいろある探し物トラッカーTile

今回モニターで頂いた探し物トラッカーTileがこちら。カード型のTile Slim、小さい正方形の白がTile mate 黒がTile Pro、小さい丸いのがTile Sticker。

f:id:dreamfighter11:20200201222716j:image

 

それぞれの違いはこちらの表で。Tileは形だけの違いではなく、電池交換できるものとできないものや、スマホとの接続可能距離に違いがあります。

探し物トラッカーTile 商品の違い

 

探し物トラッカーTileのスマホでの設定は超簡単!

TileはBluetoothで自分のスマホと接続され、スマホで選択すると指定したTileが鳴る仕組みなので、まずはスマホと接続する必要があります。それがいたって簡単!こちらの動画でご覧ください。

 

 

探し物トラッカーTileをこんなところに付けてみた

  まずは鍵にTile Proをつけました!鍵はいつも帰宅後同じ場所に置くので、家の中で探すことはないのですが、どのカバンで出かけても外出時にカバンに入っているのが鍵なので、外出先でカバンが行方不明になったときのために鍵に。Tile Mateも家族の鍵に。

f:id:dreamfighter11:20200201222738j:image

 

カード型の探し物トラッカーTile Slimはお財布へ。

f:id:dreamfighter11:20200201222803j:image

 

家族がテレビ関係のリモコンを見失うことが多いので、Tile Stickerはシールで張り付けてリモコンと車に。

小さいコインサイズやカード型もある探し物トラッカーTile

 

AmazonでTileを追加購入じた!

さっそく活躍してくれた探し物トラッカーTile。気に入ってしまったのでAmazonでカード型のTile Slimなどいくつかを追加購入いたしました。(⇒Amazonで探す

今日届く予定なので到着したら追記しておきます。まずはSlimをノートパソコンに付ける予定です。

 Amazon限定でハローキティのTileもありましたよ。

 

 

外出先で失くしても見つかる可能性がある探し物トラッカーTile

追加購入した理由は、外出先で失くした物も見つかる可能性があるからです。

家の中では自分のスマホとBluetoothで接続したTileを直接鳴らして探すわけですが、Bluetoothには接続できる距離があるので、外出先で財布を盗まれたときなど自分のスマホから離れてしまったら直接鳴らすことはできません。

 

そこで活躍してくれるのが世界中のTileユーザー。世界230の国や地域で累計2500万個以上売れたTile。

f:id:dreamfighter11:20200201223057j:image

 

自分が探したいものの近くに別のTileユーザーがいたら、「この近くにあるよ」と知らせてくれる機能があるのです。(もちろん匿名で)

f:id:dreamfighter11:20200203011702j:image

 

しかも!国内では20,000台以上が走っているJapanTaxiにもTileが搭載されたため、見つかる可能性がぐぐーんと増えたそう!Tileを使う人が増えれば増えるほど、外で失くしたものが見つかりやすくなるわけですね。
f:id:dreamfighter11:20200201223054j:image

 

 

 

海外でも使える探し物トラッカーTile

 ということで、前述のとおり世界中で売れまくっている探し物トラッカーTile。海外で何かをなくしても、他のTileユーザーに見つけてもらえる可能性があるわけです。

 

わたくし過去にパスポートと財布を海外で盗られたことがありました。次に海外旅行に行くときはパスポートケースのここにTile Slimを入れます!

f:id:dreamfighter11:20200201222845j:image 

 

旅行用の財布にもTileをつけろと言わんばかりの穴がありました。

f:id:dreamfighter11:20200201222910j:image

 

 あと航空会社のカウンターで預けたスーツケースがロストバゲージ(荷物だけどこか別の国へ行ってしまった)したこともあるので、スーツケースにもTile入れます!

 

丸いタイプのTile Stickerは100均に売っているメッシュポーチに入れればどこにでも引っかけられると思います。これもあとでポーチを購入したら追記しておきます。

 

 

物を探す時間というのは本当に無駄。そんな時間の節約と、盗難にあったときの被害を少なくするために探し物トラッカーTileは活躍してくれることでしょう。

Tile公式サイト

TileをAmazonで探す