暮らしのクリップ

家事アドバイザー矢野きくの公式ブログ。しかし仕事のことはあまり書きません。家事とか時短術とか暮らしの便利グッズとかデジタル家事とかたまに紹介します。連載歴:日本経済新聞、PRESIDENT Online、HONDA、東芝、イオン、auほか

ブカマッシモ〜イタリア トスカーナの優雅な食卓

スポンサーリンク

f:id:dreamfighter11:20170304012545j:image

トスカーナの優雅な食卓を彷彿させるブカマッシモの食卓

門前仲町にあるイタリアン  トラットリア ブカ・マッシモMURAKAMIさんのブログではじめて見たときに思い出したのが、ずいぶんと昔に読んだ本「イタリア トスカーナの優雅な食卓

この本がその後のわたしに与えた影響は大きく、食事というのは単に空腹を満たすだけのものではなく、生きていくためだけのものではなく、そこには食事をする時間を楽しむということが存在しているのだと認識させられました。

「食べてもらう人に調理したものをベストな状態でテーブルに出す」そのために神経を集中させて調理の順番を考えたり、その時期に最高な状態の食材を使ったりと、書き出したらまだまだあるのですが、食事を楽しむための調理という意識が芽生えたのはこの本を読んだのがきっかけでした。

f:id:dreamfighter11:20170304205857j:image

そして実際に行ってみたトラットリア ブカ・マッシモは期待通り、いえ期待以上の食事を楽しませてくれるお店だったのです。お料理、お店の雰囲気、シェフ、スタッフの方、すべてが大好きで気に入ってます。

 

だから先日、ロサンゼルスから友人カップルが遊びに来たのでお連れしました。ゆっくりとした時間を楽しむのにブカマッシモが最適だと思ったからです。

 

この日ブカマッシモでいただいたお料理を紹介

(お料理のお値段に関しては過去のブログ記事のメニューを参考にしてください)

一皿目は生ハムとブラッティーナチーズ

南イタリアにあたるプーリア州原産のチーズでモッツァレラチーズの生地でできた袋にモッツアレラとクリームを混ぜたものが詰められているものです。私はブラッティーナチーズをこのブカマッシモで知りました。(この写真のみ前々回のものです。当日私がタクシーを捕まえられず遅刻するという失態をおかしたため)

f:id:dreamfighter11:20170209111410j:plain

 

二皿目は馬肉のカルパッチョにパルミジャーノ・レッジャーノを薄くスライスしたもの。サッパリとした味付けのソースにとろけるような馬肉、そしてパルミジャーノのコク、トマトの酸味と甘味、すべてが相乗効果でお互いの味を高めあっている最高の一皿です。

f:id:dreamfighter11:20170304012754j:image

 

そしてこちら!立派なホワイトアスパラガス!!MURAKAMIさんのこちらのブログ記事【トラットリア ブカ・マッシモでアグー豚などなど】で見て気になっていて、前回わたくしはホワイトアスパラガスをリゾットでいただきました。

今回はホワイトアスパラガスのビスマルク風です。食べてみたかった!ビスマルク風ってイタリア料理では他にもでてくる料理名で、目玉焼きなど卵がのったものがビスマルク風となります。

f:id:dreamfighter11:20170304012557j:image

ホワイトアスパラガスのビスマルク風についてブカマッシモの大沼シェフからうかがったお話で、また胸をうたれました。

「料理ってやはり旬が考えられているんです。日本では卵に季節感がなくなっているけれど、やはり卵の旬は春で、だからアスパラガスとあわせる料理があるんですよ」と。

「イタリア トスカーナの優雅な食卓」を読んでから食材の旬の時期を意識していたつもりが、卵の旬なんて考えてみたこともありませんでした。

f:id:dreamfighter11:20170304012608j:image

 

しっかりとした野菜の甘みがあるホワイトアスパラガスに、濃厚な半熟卵とチーズをあえていただくことの美味しさ。そして大沼シェフから聞けるお話、こんな贅沢な時間はありません。

ロサンゼルスからの友人もとくにこのホワイトアスパラガスのビスマルク風に感激していました。

f:id:dreamfighter11:20170304012618j:image

 

お肉はこの日は炭火焼きではなくこちらをお願いしました。北海道 仔牛のもも肉をローマ風にトマト煮込みにしたものです。添えられているのはイタリア産グリーンピース。こちらも柔らかく肉の旨味がたっぷりのもも肉とそれを包むサッパリとしたトマトソースのコンビネーションが絶妙でした。

f:id:dreamfighter11:20170304210327j:image

 

 

もっちもちの手打ちのパスタ!自家製ソーセージときのこがソースとなっています。一生食べ続けていたい美味しさです!ブカマッシモの自家製ソーセージは本当に美味しい!粗挽きのミンチのようでそれがまたきのこにあうのです☆

f:id:dreamfighter11:20170304012653j:image

 

最後はこの日のブカマッシモのおすすめドルチェを盛り合わせていただきました!お皿をこんなにステキにアレンジしてくださりありがとうございます!イタリア語で「結婚おめでとう」とふたりの名前が入っています。ドルチェにはとくに彼女のほうがよろこんでいました。

f:id:dreamfighter11:20170304012545j:plain

 

美味しいお料理を囲んで、いっぱい話しをして、まさにイタリア トスカーナの優雅な食卓のような時間をブカマッシモで過ごさせていただきました。ステキな時間でした。ありがとうございます!またうかがいます!

 

ブカマッシモ 住所・営業時間など

住所:東京都江東区富岡1-24-11 
(門前仲町 東西線から徒歩2分・門前仲町 大江戸線から徒歩6分)
電話:03-5809-9022

営業時間:平日17:30~LO21:30 /土日祝 ランチ11:30~LO14:00・ディナー17:30~LO22:00 土日のランチメニューは1500円と3000円の2つとなります。

定休日:月曜日

Facebookページ https://www.facebook.com/bucamassimo

門前仲町駅からの詳しいアクセスは前回のブログ記事を参照ください

blog.olsyuhu.net

 

イタリア・トスカーナの優雅な食卓―Living in Toscana

イタリア・トスカーナの優雅な食卓―Living in Toscana